2005年09月08日

千葉モノレール

9983b589.JPG今日は千葉行き。これは千葉市役所前で撮ったもの。子供の頃の未来図に、かならず登場したモノレール。実際に21世紀になっても、それほど普及しているとは思えない。制御機器(普通の電車の床下機器)、よく天井に納めたものだとか、モーター駆動機構をあの軌道のスペースに設置するのは、苦しいだろうなぁとか、つまらないところに興味を引かれる。この懸垂式モノレール、技術的には面白いけど、苦しい設計ではないかと、なんとなく思ってしまう。


コスモテック〜のぞき見るものづくりの裏側
産業機械設計製作、製缶溶接試作加工 コスモテック

cosmotech at 22:47│Comments(4)TrackBack(0)いろいろ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 建コン一擲   2005年09月08日 23:14
成瀬さん、こんばんは。

かれこれ14年ほど前に、千葉県庁に出入りしてましたが、市役所には言ったことがありません。

東京に出てきたばかりのヒヨッコのわたしは、電車の乗換えがわからずに、千葉県庁での打合せに、思いっきり遅刻しました。ヘッヘッヘ。

この写真、背景に、いまにもアトムが飛び出してきそうですね。


2. Posted by なるせたかあき   2005年09月09日 08:36
建コンさん、おはようございます
千葉県庁って、このモノレールの駅にもありますよ。
東京の電車って、本当にわかりにくいと思います。
いまでは、検索ソフトで調べればすぐですけどね。
そうそう、未来都市のイメージって、個人的にはアトムの影響も大きいです。
3. Posted by 圭子お姉サマ   2005年09月09日 09:54
おはようございます!

合唱の練習に通っていたころ、
毎週モノレールに乗っていました。

乗客になると、吊られているのを忘れます。
でも、低く飛んでいるようで
面白かったですよ。
4. Posted by なるせたかあき   2005年09月09日 12:39
お姉サマ、こんにちわ

低く飛ぶという感覚、ちょっと変っていて、おもしろそうです。
市街地、道路の上を走りますものね。

わざわざ乗りにくるようなモノでもないけど、乗ってみたくなります。
(まるで子供だなぁ)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: