2006年03月09日

シンポジウム

283022d3.JPG今日は川崎で行われる“京浜地域新産業創造シンポジウム”のパネルディスカッションで、“【ミナログ】製造業社長の逆襲ブログ”の緑川社長が、パネラーとして講演するというので、聞きに行った。その後緑川氏他、ミナログループのいつものメンバーで、川崎で打上げ。楽しかったが、本日のブログ更新時間が迫っていたので、先に失礼した。で、これ、緑川氏の講演の写真、どれも手ぶれ。一番まともそうなのを出したが、本人が2重になっている。この後のパネルディスカッションでの緑川氏、他のパネラーと、ちょっとオーラが違うと感じた。
人気blogランキング、今日は何位?


コスモテック〜のぞき見るものづくりの裏側
産業機械設計製作、製缶溶接試作加工 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(14)TrackBack(0)いろいろ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by NCCC   2006年03月10日 00:23
先ほどは どうもでした。おっ、素早いUPですね。

これからもよろしくです。ではでは。
2. Posted by みどりかわ@ミナロ   2006年03月10日 00:47
良く間に合いましたね〜(w

お疲れ様でした。

一緒に客先増やしましょう。
3. Posted by 砂漠王   2006年03月10日 07:22
そろそろ成瀬さんの講演も聴きたいですねぇ。
4. Posted by スーパー息子   2006年03月10日 07:55
私も聴きたかです。
なるせさんの講演。
そしてなるせさんとミナロ団長とのパネルディスカッションも。
そして素晴らしい二人のものづくりオーラを感じるとです。

ようしっ。
人生楽しみが又一つ増えたぞ〜っ!!

そして私の額にサイン下さい。
5. Posted by なるせたかあき   2006年03月10日 08:50
NCCCさん、おはようございます!

昨日はどうもありがとうございました。
とても楽しかったです。
これからも、よろしくお願いします。

6. Posted by なるせたかあき   2006年03月10日 08:52
みどりかわ@ミナロさん、おはようございます!

最後はバタバタと去ってしまい、失礼しました。
なんとか更新時間に間に合いました(でも、ホントぎりぎり)。
お客さんが増えること、つねに大歓迎です。
これからも、よろしくです。
7. Posted by なるせたかあき   2006年03月10日 08:54
砂漠王、おはようございます!

私も大きく飛躍したいと思ってます。
もしも、その時には聞きにきて下さい。
8. Posted by なるせたかあき   2006年03月10日 08:58
スーパー息子さん、おはようございます!

緑川社長の講演は良かったですよ。
特にパネルディスカッションが良かったです。
やはりモノ作りが一番厳しい時に、起業をしているというのが、他のパネラーとのオーラの違いになったような気がします。
9. Posted by 圭子お姉サマ   2006年03月10日 09:53
おはようございます!

うんうん、あたくしも聞きたい!

ずっと黙っているから。
でも、写真バシバシ撮ってヒンシュクかも。

10. Posted by なるせたかあき   2006年03月10日 12:24
圭子お姉サマ、こんにちわ!

あははは、写真撮ってる人ちゃんといましたよ。
役所の広報とかで使うのも、あるみたいですから。

ミナロのメンバーも、ビデオ撮ってましたね。
そのうち、DVDができるのかもです。
11. Posted by かんばんや   2006年03月10日 12:37
昨日はおつかれさまでした。
なるせさんのブログがアップされる23時ごろ私は横浜駅でOさんに「明日も仕事なんだからもう帰んなきゃだめだよ」と諭され、家路につきました。
こんにちは、こーじです。
オーラが違うって凄いですね。
そのくらいに自分もなってみたいです(^^;
応援して帰ります、ポチっ♪
13. Posted by なるせたかあき   2006年03月10日 17:40
かんばんやさん、こんにちわ!

昨日はお疲れさまでした。
私もあのまま楽しく過ごしたかったのですけど、予約更新をかけていなかったので、失礼しました。
でも、皆さん健康的!。
緑川さんのコメントも比較的早いし、23時には解散だなんて、オトナのつどいですね。
これからもよろしくです!
14. Posted by なるせたかあき   2006年03月10日 17:42
こーじさん、こんにちわ!

いつもありがとうございます。
この世界、新規に起業するなんて人、ほとんどいないので、だいたい年寄りか2代目。
緑川社長は逆境の中の起業だったので、パワーと迫力が違いました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: