2006年08月01日

円錐巻き

2f7505ca.JPG今日から8月。しかし、昨日までとうって変って、くもり空。気温も上がらず、なんだか夏を通り越して、一気に秋になったよう。午前中は見積や手配を行って、午後から川崎へ打合せ。ところでこれ、先日図面を書いていた、コーヒー脱臭装置の先端部分を作っているところ。展開した板を、3本ロールで円錐状に巻いている。巻く時は、先端になる側にガイド棒を立て、それに当てながら巻いていく。職人がゴムハンマーを持つのが見える。これ、巻きの端部はガイド棒から外れるので、ゴムハンマーでたたきながら、巻くため。プレスで押す方法もあるが、ローラーで巻く方が能率がいい。
人気blogランキング、今日は何位?


コスモテック〜のぞき見るものづくりの裏側
産業機械設計製作、製缶溶接試作加工 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(6)TrackBack(0)製品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by トーコ   2006年08月02日 11:07
なるせさん、こんにちは。

これは〜、まるでペットの首にはめる「エリザベスカラー」みたいな形状。

私はコーヒーは飲みませんが、あの香ばしい深い匂いは嫌いじゃないです。
で、いったい脱臭装置ってなんのために必要なのですか?今更ですが・・。
2. Posted by なるせたかあき   2006年08月02日 12:29
トーコさん、こんにちわ!

あははは、たしかにそんな形ですね。
でも、これをペットにはめたら、たぶん動物虐待です。
けっこう重いですから(笑)。

脱臭装置って、コーヒーを焙煎する時に出る、煙のにおいを無くす装置です。
香ばしいかおりも、工場の近くで毎日かがされたら、悪臭になるのです。
においの成分である有機物が、分解する温度まで上げる加熱装置なのです。
3. Posted by Mr.T.   2006年08月02日 17:37
なるせさん、こんにちわ! 

戦い?の疲れを癒すのは、ココにおじゃまするのが一番です。
 
円錐の作り方、初めて知りました。。。 これは職人ワザですね!
最初、写真を見たとき外面だと思い、首をグネグネ傾けてしまいました(笑)
これ、内側ですものね。。。 思い込み、錯覚とは、恐ろしいでつ・・・
 
いよいよ8月です。ますます暑くなりますが、頑張ります!!
4. Posted by なるせたかあき   2006年08月02日 19:33
Mr.Tさん、こんばんわ!

あはは、なにやら楽しい戦いをしてますね。
支店vs本店の確執?(笑)。

円錐の作り方、展開図を切って曲げるだけなんですけどね。
でも、最後は職人がたたいて、仕上げるのですよ。

で、金属光沢が悪さをして、内側か外側か、一瞬わからなくなりますね。
言われて見れば、ああ、なるほどでした。

なにやら販路も拡がりそうな気配、がんばって下さい。
5. Posted by デハボ1000   2006年08月03日 18:01
素朴な質問ですみません。この加工法は「へら絞り」の手法の応用ですか。つまり型があるかって言うことです。たまにこの手のものを(例:シロッコファンのダクト)作るときどうするのかと思ったら、なんと職人さんがジグ上にて手で曲げていて、悪い図面を書いたと反省したことがあります。幸い数が出なかったからよかったものの・・・
6. Posted by なるせたかあき   2006年08月03日 18:54
デハボ1000 さん、こんにちわ!

これ、へら絞りとは違います。

板金加工の一種になります。
展開図を作り、それを曲げて形にします。

図面を書く人に限らず、加工方法を良く知ってるひとは、少ないと思います。
でも書いたもの、どうやって作るかを見るのは、大切だと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: