2007年11月21日

安全ロボ

1e41ed22.JPGここのところ、朝はちょっと冷え込む日々。今週工場は、大物が一息ついて、月末に向けて、小物の製作。こちらも、ズッと延ばしていた、打合せが毎日続く。午前中に昨日の宿題や事務仕事をやっつけて、午後から上大岡、川崎、鶴見と移動した。これ、途中の工事現場で見た安全ロボ。前から見ると、看板に人型が書いてあり、片手にLEDライト、反対の手で安全指示棒を振っているもの。裏から見ると、素っ気ないアルミの立て看板に、駆動装置がついた単純なシロモノ。いかにそれらしく見せるか、ホント良く考えていると、感心する。こうした工事の安全標識、いかに安く作るかというのも、ノウハウのひとつなのだろう。
人気blogランキング、今日は何位?


産業機械設計製作 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(2)TrackBack(0)いろいろ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 建コン一擲   2007年11月22日 18:41
道路占用が仕事の建コンです。
このような道路保安施設も配置基準が決まっています。
工事起点から100mには○○を置くとか。
http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/road/stand_const/fa_kouzi/kouzi.pdf#search='保安施設設置基準'
たまに「安全ロボ」の代わりに生身の人間が立ってますが、かなり怖いでしょうねぇ。
峠の道路工事でよく見かけますが命がけっぽいです。
2. Posted by なるせたかあき   2007年11月22日 20:03
建コンさん、こんばんわ!

そう言えば、水道工事は道路占用ですものね。
それにして、こんなにこと細かに決っているのですか。
何気なく置いてあるようでも、すべて基準に従って置いてあるのですね。
ちょっとカンドー(笑)。

しかし、生身の人間が立ってるの、確かに良く見ますね。
言われてみれば、あれ、怖いでしょうね。
クルマがちゃんとよけるかどうか、神のみぞ知る世界。
う〜ん、やはり安全ロボくんに、身代わりになって欲しいデス。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: