2007年11月29日

貨物ヤード

9f8578d0.JPG今日も、くずれそうでくずれない、中途半端なくもり空。たしか、一昨日の天気予報では、今日、明日は雨の予報だったハズ。今日見ると、明日はくもり時々晴れに変っている。まあ予報も時々刻々、猫の目のように変化する。そんな今日は、午後から川崎のお客さんで打合せ。午前中は資料準備で、ホント時間との戦い。これ、川崎のお客さんのところから見える、貨物ヤード。貨物輸送、今ではトラックが主流だが、薬品や石油類の輸送は、鉄道の利用も多いのだろうか。置いてあるのは、全てタンク車。時間が無いので、ゆっくり見ているワケにいかないが、こうした車両、回転率はどの程度なのか、ちょっと興味が湧いてくる。
人気blogランキング、今日は何位?


産業機械設計製作 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(2)TrackBack(0)いろいろ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by デハボ1000   2007年11月30日 01:09
>薬品や石油類の輸送は、鉄道の利用も多いのだろうか
ローリー車の運行コストは意外と高いのです。石油製品の場合、運転手は危険物取り扱い主任者(乙種)を持つ必要もあります。鉄道ならそのあたりはアウトソーシング出来ますよね。このこともあり、他の貨物に比較してのこっているという側面があります。
タンク車(タンクコンテナ)の利点としては、石油や薬剤の納入容器として簡易的保管庫代用に使うこともあるからといいます。それでも減少傾向にあるんですけどね。
2. Posted by なるせたかあき   2007年11月30日 08:58
デハボ1000さん、おはようございます!

なるほど、やはりいろいろな背景があって、それぞれの得意、不得意が分かれていくのですね。
簡易的保管庫も、ローリー車では量がしれてるし、運送会社が困りますものね。

鉄道、個人的には面白いと思うのですけど、減少していくのは時代の流れかもですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: