2008年02月29日

六角レンチ

17a789ee.JPG昨日大物を納品して、ホッとひと息の月末29日。今日は気温が上がり、ラジオでは、3月下旬の陽気だとのこと。午前中は小物装置の組立で、ズッと工場に張付き状態。多少トラブルはあるが、装置の組上げでは、予想の範囲内。無事に組み上がり、午後から大船のお客さんへ行き、夕方には会社へ戻って、たまった見積りと、材料発注。これ、本日の組立に使った、六角レンチ。ネジやボルトと呼ばれるもの、その形はいろいろある。アタマに、六角形の穴が付いたボルトを、締める道具。これはT型と呼ばれるもの。胴部が長く、スプリング効果でトルクを加えられるので、職人は好んで使用する。
人気blogランキング、今日は何位?


コスモテック〜のぞき見るものづくりの裏側
産業機械設計製作、製缶溶接試作加工 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(4)TrackBack(0)工場 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by デハボ1000   2008年03月01日 03:36
試作工さんには、トルク管理の関係であまりこのタイプのツールを使ってもらったことは無かったですが、そうか・・・持ち手がこれだとスナップ感覚+スプリング効果があるんだということに気が付きました。防爆函の鍵閉という特殊用途にいいかもですね。
ただ、これ、Tバータイプは個人的には愛用してますが、手持ちの非力なツールカタログには無いんです。自作でしょうか。こういうのがちゃんとある。これこそ『現場の力』というものですよね。(と同意を求めてる・・・)
2. Posted by なるせたかあき   2008年03月01日 21:14
デハボ1000さん、こんばんわ!

これ、自作のようにみえますが、たぶん違うと思います。
単に、古いだけだろうと、思ってます。

胴をつまんで早まわし。
最後はアタマを持ち、スナップを効かせて、クイッ!と締め上げ。
キャップボルトが多い小物の組立になると、これ、必ず登場します。
3. Posted by かずこ   2008年03月01日 21:15
『六角形の穴が付いたボルト』を締める道具なんですね。

ボルトをクリックして見てみました。
ほんと、いろいろな形があるんですね。

我が家には+と−のドライバーしかありません。(笑)
4. Posted by なるせたかあき   2008年03月01日 21:25
かずこさん、こんばんわ!

ふつう見るのは、+か−のネジだけですね。

実はウチの工場、−のドライバーってほどんど使わないのです。
ですから、たま〜に−のネジが出ると、ドライバーを探すのが大変。

これ、ちょっと不思議ですよね(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: