2008年05月12日

バンセン

9e6778b6.JPG休み明けの月曜日、雨は上がったがくもり空。今日もちょっと肌寒い。なにやら台風が近づいているとかで、ホント最近は気候がすっかりヘン。先日からズッとやっている設計、なんとか製作図を出図して、今日からあちこちに手配をかける。いつも通り、週明けの問合わせとFAX、その他もろもろで、アっと言う間に1日が過ぎていく。ところでこれ、工場や現場では良く使われる、“バンセン”と呼ばれるなまし鉄線。これはよく、足場結束に使われるもので、直径2.8mmで70cmに切られたもの。ウチでは品物を固定などに、よく使う。つまらないものだが、こうしたものでも、無いと困る。
人気blogランキング、今日は何位?


コスモテック〜のぞき見るものづくりの裏側
産業機械設計製作、製缶溶接試作加工 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(4)TrackBack(0)工場 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のっち   2008年05月13日 13:03
これ見たことあります。
子どものころ、空地を掘っていたらよく出てきました。
「バンセン」っていうんですね。
2. Posted by いしとも   2008年05月13日 16:15
うんうん、見たことあるある。
でも、針金だと思ってた。 がはは。
3. Posted by なるせたかあき   2008年05月13日 18:51
のっちさん、こんばんわ!

バンセンは昔から工事では良く使われていたもの。
空き地なんかに、そのまま放置されることも、多かったのでしょうね。

ちなみに、こうした針金の太さを、“○番手”と表現するのです。
おおよそ30mmに何本並ぶかを、番手にしてるようです。

ですから、これは12番手の鉄線になります。
ここから鉄線を、“番線”と呼んでいるようです。
4. Posted by なるせたかあき   2008年05月13日 19:02
いしともさん、こんばんわ!

あはは、その物ズバリ針金です。
こんど、金物屋で針金を見たら、良く見て下さい。
きっと“○番手”って書いてあると思います。
(こんなの見てると、ヘンと思われるかも(笑))

通常あるのは18番手くらいかな?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: