2008年07月26日

耐熱塩ビ

0dedf2f6.JPGあれもこれもが重なった、7月もあと5日。今日は雲が多く、じめっとしているが、やはり暑い。エアーボックスの組立も無事に終了して、今日からは、今月最後の品物の組立にとりかかる。これ、その品物に使う、機械加工された耐熱塩ビ製の部品。塩ビはダイオキシン問題では、発生原因とも言われたプラスチックだが、工業部品としては価格が安く、耐薬品特性が優れ、加工ノウハウも蓄積されていて、使い勝手の良い素材。薬液を使う製品には、割と良く使われる。
人気blogランキング、今日は何位?


コスモテック〜のぞき見るものづくりの裏側
産業機械設計製作、製缶溶接試作加工 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(2)TrackBack(0)製品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 建コン一擲   2008年07月27日 23:27
昼間コメントしようと思ってましたが、すっかり忘れて帰宅してしまった建コン@休日出勤です。
下水道官もかつてのコンクリート管から、今では塩ビ管が主流です。
肉厚が厚く内圧強度の高いVPは水道管などの圧力管に、肉厚の薄いVUは内圧のかからない自然流下の下水道管に採用されています。
で、温泉などには耐熱塩ビ管(HT)。
あっ、部材を語るなんて、『釈迦に説法』でした(笑)?
2. Posted by なるせたかあき   2008年07月28日 09:06
建コンさん、おはようございます!

休日出勤、お疲れさま。
しかし、今の時期から休日出勤では、今年の年度末が楽しみですね(笑)

塩ビのパイプ、水道管では良く使われてますね。
以前製鉄所に勤めていたころ、コストダウンに主配管を塩ビにすること、検討したことがありましたけど、紫外線での劣化がはっきりしないので、ボツになったことがありました。

>あっ、部材を語るなんて、『釈迦に説法』でした(笑)?
あはは、ワタシの知識は片寄ってますので、しっかり参考にさせていただきます(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: