2008年09月27日

段取り仕事

90fbffa4.JPG9月最後の土曜日、やはり秋、くもり空で朝はちょっと肌寒く感じられた。特急依頼の多かった9月だったが、今は受注残が減ってきて、10月はやや余裕となりそうな雰囲気。土曜日は客先が休みなので、少しは落ちついて仕事がこなせる。これ、機械屋に加工依頼している、直径1mのケーシング。正面盤と呼ばれる、大型旋盤に乗ったところ。こうした加工、俗に段取り仕事と呼ばれ、芯合せをして機械に固定するだけで1日仕事。機械への固定が終わったところで、芯出し精度の確認や、加工の打合に行った。一品料理の特注品、精度を確保するための、捨て加工をどこに取るかなど、図面にないことを作業者と決めていく。こうしたことも、ものづくりのノウハウ。
人気blogランキング、今日は何位?


コスモテック〜のぞき見るものづくりの裏側
産業機械設計製作、製缶溶接試作加工 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(6)TrackBack(0)工場 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 森と山ちゃん   2008年09月28日 09:24
なるせさん。おはよう御座います。
そして少々御無沙汰しとります。
相変わらずお忙しそうでなによりです。

確かに汎用旋盤は芯出しの正確さがものを言います。
弊社でも丸形以外のあらゆる構造形の物をなんとか削ろうとします。
チャック、爪の掴み、押しコップ、掴みしろ等前段取りができれば後は削るだけ。
大きな正面盤を持っている工場も少なくなりました。

九州は博多もいつの間にか涼しくなり日中の日差しも和らいだようで。
本日日曜日はやはり事務所周りは静かです。

それでは又です。
2. Posted by なるせたかあき   2008年09月28日 17:14
森と山ちゃん、こんにちわ!

お久しぶりです、でもブログはときどき見てますよ。
コンベアー乾燥機も順調に受注しているようで、なによりです。

機械屋さんもこうした汎用機、扱う人が少ないことが、悩みのようです。
今回のように変形した品物、固定するのも、芯出しも職人の腕によります。
この機械を扱う職人もかなりの高齢。
これから先、どうなることかと、心配してました。
3. Posted by いしとも   2008年09月28日 19:05
直径1メートル…。
落としたら足いたそうだな…。

って、それだけじゃ済みませんからぁ〜!!!
4. Posted by なるせたかあき   2008年09月28日 22:03
いしともさん、こんばんわ!

あはは、これ足に落としたらちょっとシビレるかもぉ〜
でもこれ、案外軽いんですよ。
たったの400Kg…
1トンないですからぁ〜(笑)
5. Posted by NCCC   2008年09月29日 09:02
正面盤ですか、懐かしいですね。

昔〜し、外注さんへ打合せに(代理で)行かされた
事ありましたね。確か北九州だった様な・・・
羽田から福岡経由で入りました。
検収の関係(品物が大きいので外注さんから直接
お客さんへ納品されるので)で現物の確認と検査
立会いだったと思いますね。

6. Posted by なるせたかあき   2008年09月29日 22:33
NCCCさん、こんばんわ!

わざわざ北九州の外注さんを使うのですから、かなり特殊な品物だったのでしょうね。
そんな大きな品物、加工ミスがあったら、引き返すのも大変。
検査立会いも責任重大ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: