2008年10月26日

チタン製パイプ製作

c82565c0.JPG昨日は日帰りバス旅行。今日は朝からカミさんの実家、群馬県桐生市へミステリーでないツアー。23時に帰れるかどうか判らないので、今日のブログは前日に書いて予約更新。これ、金曜日の工場の様子。過去何回か出している、当社の定番商品、チタン製パイプの製作風景。板を巻いたパイプに、へら絞り加工をした、ノズル部分を溶接している。溶接部をきちんと合せるために、シャコ万と呼ばれる治具で、数ヶ所を固定してから、仮付け溶接。手前にあるのが、仮付け溶接を行なったもの。全体的にはヒマなのだが、なぜかどの仕事も急ぎばかり。まあ、町工場の仕事はそんなもの。
人気blogランキング、今日は何位?


コスモテック〜のぞき見るものづくりの裏側
産業機械設計製作、製缶溶接試作加工 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(2)TrackBack(0)製品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by いしとも   2008年10月27日 13:43
手前右側にある、ヘビ君が口開いてるみたいなヤツな〜に?
なんだかメッチャ可愛いんだけど〜。あはは。

うちも暇なんだけど、急ぎが多くて振り回されてるよぉ。
零細企業はどの業種もそんなもの?

でもさ、だんだん酷くなるよね。
みんなギリギリまで仕事発注しないって感じ。
2. Posted by なるせたかあき   2008年10月27日 21:43
いしともさん、こんばんわ!

あはは、これはサンダーと言って、電動グラインダーです。
言われて見れば確かに、ひかりの加減でヘビ君みたいに見えますね(笑)

景気が悪くなると言うか、ものの値段が下がりだすと、発注はギリギリまで遅くなりますね。
その方が、安く買えるハズですから。
結果、作る方は儲からないのに、メチャ忙しい…

値段が上がる場面では、発注がどんどん前倒しになるので、それはそれで忙しいし。。。
でも、どちらかと言えば、値段が上がる場面の方が、良いような気がします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: