2008年11月14日

仕上げ肉盛

a3460ecd.JPG昨日、今日と2日続けて、晴れの陽気。もっとも明日からは再び下り坂で、日曜は雨が降るらしい。今週は来客もあったり名古屋へ行ったりで、宿題が早くも山積み状態。どれも週明けには出図をしないといけないので、1日事務所でPC相手のにらめっこ。工場では、直径2.4mの軸流ファンが順調な仕上がり。羽根の根元の溶接を、規定寸法の15mmまで盛上げてる最中。表裏を交互に行い、片面あたり計5回の溶接で盛上げる。溶接の仕上げ面が水平になるように、本体を斜めに傾けて作業する。予定より少しはやく、月曜日には仕上がりそう。
人気blogランキング、今日は何位?


コスモテック〜のぞき見るものづくりの裏側
産業機械設計製作、製缶溶接試作加工 コスモテック

cosmotech at 23:00│Comments(2)TrackBack(0)製品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by いしとも   2008年11月15日 18:50
ほえ〜、人と比べるとでっかさがよくわかるね〜。

溶接の盛り上げが15ミリ?すごい!!
これだけ大きいとそんなに厚みが必要なんだ!

んで、斜めにして溶接? 最初に考えた人凄い!
きっとここでも職人技で綺麗に仕上がるんだろうな…。
2. Posted by なるせたかあき   2008年11月15日 21:58
いしともさん、こんばんわ!

これがウチで作れる限界。
これ以上大きいと、工場の入口から出せません。

溶接肉盛はひたすら力仕事。
しかし、仕上がり状況は、職人の腕によります。
まあ溶接は、究極の手仕事ですから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: